0から1をつくるベンチャー企業の魅力

入社7年目。入社から3年目で営業販売成績トップを獲得。その後名古屋営業所の立ち上げに携わり、東海エリアの顧客満足度向上に努めている。

入社3年目で新営業所の立ち上げ

私は9月で入社6年目に入ります。3年目を迎えるときに、名古屋営業所の立ち上げを任されました。3年目の若手社員が営業所を立ち上げを任される、というのは大手企業にはないベンチャー企業ならではの魅力だと思います。 0から1を作る難しさを感じながらも、日々試行錯誤しながらやりがいのある仕事をしています。

 

1人で解決しようとしない
人を頼るということ

最初に名古屋営業所を一人で立ち上げる話が来た時は、本当に自分にできるのか?と不安でしたが、事業所の立ち上げは滅多に経験ができないコトだと感じ、挑戦の思いで引き受けました。
初めはやはりうまく行かない事も多く、一人なので頼れる先輩もおらず「自分のことは自分で解決しなければいけない」と思い、仕事を抱え込みお客様からクレームを受けることもありました。 他の人に迷惑をかけてはいけない、という気持ちが結果的にお客様へ迷惑をかけてしまっていたのです。

ですが、先輩社員の「もっと人を頼っていい」というアドバイスを受け、仕事に対する意識が変わりました。
「自分ひとりで仕事をしているわけではない、ハイパーソフトの一員として仕事をしている」という意識で 他部署や他の営業メンバーと協力・連携して仕事をするようになり、営業所には一人でも一人で仕事している感覚はほとんどなくなりました。
そして、お客様に対しても改めて信頼関係を築くことができました。 自分にできないことは頼っていい、そして頼れる環境があるのがハイパーソフトだとおもいます。

 

周りの人があっての仕事

仕事は一人ではできません。お客様がいなければそもそも仕事ができません。周りの人があっての仕事なんだと気づきました。 ハイパーソフトに入社し「自分の周囲の環境に感謝して働く」という事に気づけたのが個人的に一番の成長だと感じます。 現在名古屋の社員は2人になりましたが、まだ拠点を構えるという挑戦は現在もまだ続いています。 周囲の力を借りながらこれからも頑張っていきたいと思います!

 

2018年8月20日|掲載